ショッピンングリボ払いの本当のおまとめローンと審査について

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車そのものが高額ですから毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

その間に転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融のおまとめは、マイカーローンの返済には使えないかもしれません。

と言うのも、消費者金融のおまとめローンというものは貸金業者からの借入れ金を1つにまとめるものなので銀行から融資を受けたマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。

おまとめローンというものは頻繁に利用するローンというわけではありませんから利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問はおまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

おまとめローンを検討するべきか否かなどといった一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るポイントなど、初めておまとめローンを組むという人には有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人は、必ず目を通すことをおすすめします。

おまとめローンを利用すれば利息を現状より減らすことができると言われている理由があるのですが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前に金利の計算をして確認しておいたほうが良いです。

おまとめローンを提供している金融機関では自社のホームページで返済シミュレーションを行えるコーナーを設置しています。

利用中のローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。

消費者金融よりも銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

複数の借入れを1つにできるおまとめローンは借入れ残高の管理がしやすくなり、場合によっては金利も押さえることができます。

おまとめローンは効率的で多くのメリットがありますがデメリットも多く存在するので利用する前に熟知しておく必要があります。

おまとめローンに申し込むと審査を受けることになりますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

毎月の返済額が多すぎるから減らしたいという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようですでに返済が終わった業者から勧誘を受けると、再び借り入れてしまう危険もあります。

おまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を引き下げるとなると返済期間は長くなります。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンというものは返済型という対応になりますので追加融資をしてもらえないのですが銀行のおまとめローンというのはフリーローンとなっていることが多いので追加融資が可能というメリットがある傍ら、借入額が増えるリスクも含んでいます。

銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンと言う名前のキャッシングサービスがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とはおまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借り入れた資金の使い道は貸金業者への返済に限られておりショッピングローンの返済には使う事ができません。

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が抑えられることによって経済的な負担や精神的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで支払総額を増やすことなく、毎月の楽な返済が可能になるのです。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるのでバラバラだった返済日が1日になるので管理が楽になります。

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

引用:ショッピングリボ払いおまとめローンは?審査通る?【アコムNG?】

どちらの金融業者のおまとめローンを利用するにしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長期化すれば支払う利息も増えてしまうのでおまとめローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人は通らない理由を自己分析する必要があります。

一般的なローンの審査項目は年収や勤務先、勤続年数、借入先の件数、他社からの借入れ総額、個人信用情報などがありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

おまとめローン利用者は多重債務者なので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

テレビCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや返済だけしかできないカードローンだということです。

実質年利は6.3から17.8%なので高めの金利ですが、最短即日融資、無担保ローンという消費者金融のメリットは健在です。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。

おまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが借入先が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社までなら安心ですが絶望的な人でも審査に通る方法がないかを考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と借りている金融業者名と残高の確認です。

完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから与信限度枠内でやりくりして完済できるローンは解約しましょう。

借入件数が多くても過去の返済で金融事故がなければ返済能力があると判断されて審査を通過するケースも多いです。

埼玉りそな銀行にはおまとめローン専用のサービスはありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

貸付利率は6.5%から14.0%と消費者金融よりも低く設定されていて銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、申し込み要件に年収制限はありませんから、パートでも申し込みが可能です。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

「りそなプレミアムフリーローン」は「プライベートローンJ」の上位商品ですが申込時に収入証明書が必要になりますおまとめローンの手続きを効率よく進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり主に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが該当します。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融でおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

複数の金融業者から借り入れがあると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために複数の業者から借り入れることになったのでしょう。

金利の設定は与信限度額が高いほど低くなりますから借入先を1社に集中したほうが有利になります。

反面、多くの金融機関で多重債務者は敬遠されがちですので全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなので積極的に利用することをおすすめします。

おまとめローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因が明らかにならない限り、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、これらの条件全て問題が無いということになれば審査に合格することができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高く個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。