家を購入しても火災保険の加入を忘れがちです

近い将来、自分の家を建てたいと思っている方は殆どの場合、火災保険の手続きも一緒に行います。
家のローンも支払わなければならないのに、わざわざ保険にお金をかけるべきかという方も少なくありません。
そうはいっても絶対に家事にならないとは言い切れないですし月々の支払いを安くするために申請しなければ、他の経費と合わせてこのローンも払っていくしかないのです。
万が一何かあっても対処できるように、申請していればお金を貸したローン会社もあなたも損をしない選択なのです。
こうした場合に必要であることを、把握しておくと良いですね。
せっかくがんばったマイホームを購入してから数年で、三大疾病になったとなるとどうしたら良いのでしょうか。
大抵の場合、どこのローンでも団体信用生命保険に加入している為契約をしているご主人が死亡すると、お金が振り込まれます。
契約した内容に個別でガン保険が組み込まれている保険もあれば、含まれていない場合もあるので十分注意しましょう。
ただ中には癌だと分った時点でお金が振り込まれる場合と、例えば13ヶ月以上通院した場合に支給されるものもあります。
ひと月で考えると保証内容に比べて金額も安いので、何かあった後では遅いので、今から準備しておかないとダメですね!! 自分の家が欲しい!と思う方は多いと思います。
しかし、家は数千万単位する大きな買い物です。
なので、すぐに支払いをする。
という事は、かなり難しいです。
では、住宅ローンを組むとき、どこから借金をするのか?一番いい方法は銀行・信用金庫で借り入れする事です。
自分で借り入れしたい銀行を選んでもよいのですが銀行と不動産屋が協力している場合もあるので、担当者に全て任せる。
という方法もあります。
将来、家を建てる予定のある方も既にローンの申請が終わった方も是非、オーバーローンにならないようにしましょう。
どのような理由があるとしても家を購入するためのものなので、異なる目的での利用は認められず申請しても通りません。
なので、どれ位の物件で費用はいくら必要なのか?仲介に入ってくれる方にもよく確認しておかないとダメですね!!またもしもこのような借入れが発覚した場合、中を取り持った会社もクビになるだけでは済まないのです。
メリットだけでなくデメリットにも視点をあてながら、目先の事だけでなく将来をしっかり見据えて選択しないとダメですよー!
火災保険・地震保険の疑問解決!地震保険だけ入れる?【火災保険Q&A】