住宅ローン金利期間指定の長期固定金利のメリットは?

住宅ローン金利の期間指定型固定金利の長期固定期間のタイプを借りた場合のメリットとデメリットは何でしょうか。
まず、メリットは長い期間金利が変わらないのでリスクが低いことです。
固定期間が終了した時点で住宅ローン金利が上がっていた場合でも、長期間の固定金利なら元本も減っているので、多少金利が上がっていても金利の増加も少ないですし、元本が少なければ親類等に借りることも出来るかもしれません。
デメリットは金利が高いことです。
変動型や短期間の固定金利よりは大分金利が高く、フラット35等の全期間固定金利と比べると中途半端な感じかも知れません。
しかし、借り入れする人が固定期間が終了する時点で所得が上がったり、共働きが出来るようになったりする場合は有効であると言えます。