ペットローン審査甘い?基準はどう?今すぐ使える借り入れ先とは?

ペットショップのコジマで犬や猫などを購入する際、ペットローンを組むという場合はショッピングローンとなり信販会社の審査を受けることになります。

信販会社には、セディナやオリコなどがありますが、多くの会社ではペットローンではなく、目的別ローンとしてペットにも利用できるように対応しています。

目的別ローンとはローンの使い道が制限されていることで低い金利で借入できるローンのことでその代表的なものは、自動車を購入する際のオートローンやマイカーローンといったローンが上げられます。

オリコだと多目的プランというサービス名で最高300万円まで借りることができ、返済時の利率は6.0%から13.2%となっています。

同様に信販会社のセディナにも総合目的ローンという商品があるのですが最大借入額は300万円までで、金利は7.8%から11.8%となっています。

ペットローンというローンを提供している銀行は意外と少なくほとんどの銀行では多目的ローンというローンで対応してるようです。

ペットローンというローンを提供している銀行はイオン銀行やスルガ銀行などがあり、信販会社のローンよりも低金利なのが特徴的です。

イオン銀行は最高借入金額は30万円から700万円で金利は年3.8%から年8.8%、借入期間は1年から8年まで、繰り上げ返済手数料は無料となっています。

スルガ銀行の金利は年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、借入期間は最大10年となっています。

このように銀行のペットローンとても魅力的なのですがその分、審査が厳しくなりますのでご注意ください。

ペットローンというローンは、ペットの購入費や治療費など使途が限定されていますが当然、ローンの審査をクリアする必要があります。

申込み方法には郵送やインターネットがあり、ローンの申込書に記入し送付または送信し、手続きを進めます。

申請に必要なものとして、運転免許書等本人確認書類のほかに50万円を超える融資を希望する場合には、収入を証明する書類も必要になります。

他社からの借入金と今回の借入と合算して100万円を超えてえる場合や所得制限があるローンでも収入証明書類が必要になります。

ペットローンは使い道が制限されているローンですからペットショップが発行する領収書などの提出も求められます。

ペットローンというサービスを提供している金融業者はまだ少ないですが目的別ローンというサービス名で対応している金融機関は多いです。

融資元には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、消費者金融は総量規制がありますので無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外ですから無職や無収入の人でも借り入れ可能とされていますが、ほとんどの銀行で「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされています。

信販会社のショッピングローンは商品を購入するためだけのローンなのでペットローンを例にすると、ペットの代金を信販会社が立て替えて支払し、その後購入者が信販会社に月々返済していくという仕組みです。

ショッピングローンは審査のハードルは高くないように思われますがこちらも申込資格には「安定継続した収入」という項目があることが多いです。

パートやアルバイトの人がペットローンを組む場合には様々な条件がついたり制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも確実に返済してもらう判断基準としていますので勤務期間は最低でも1年以上はないと審査に通るのは難しいでしょう。

また、イオン銀行の場合では前年度の税込み年収が200万円以上という条件がありますがスルガ銀行の場合は年収制限はついていませんので、アルバイトでも申し込めます。

信販会社だと、オリコで多目的プランというペットローンに対応ローンがあるのですが満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトでも利用可能です。

消費者金融にはペットローンというローンの提供はされていませんがプロミスの目的ローンという低金利なローンなら、収入の1/3以内ならアルバイトでも借入できます。

ペットローンがある金融機関等は数多くありますがどんなローンであっても返済する際には利息が発生します。

金利が低い順に並べますと、銀行、信販会社、消費者金融となっており金利が低くなるほど審査のハードルが上がると言われています。

銀行ペットローンの金利を例にあげてみますと、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランは、年利6.0%から13.2%となっています。

一方、消費者金融のプロミスの場合、ペットローンではなく目的ローンという商品になり金利は年6.3%から年16.5%とかなり高金利なのがわかりますね。

借入できる限度額はスルガ銀行は800万円、イオン銀行が700万円と高額融資も可能なのに対し、消費者金融のプロミスの場合は300万円程度で、総量規制も適用されます。

ショッピングサイトや銀行業務で知られている楽天ですがペットローンと言うサービスの提供は行っていません。

楽天銀行にはスーパーローンという使途が自由なカードローンがありますがその他には目的型ローンとして、ブライダルローンやトラベルローン、教育ローンがあります。

銀行の目的型ローンは使途は限定されるものの内容に関しての規定ないといのが一般的なのですが楽天銀行の場合はブライダルローンはブライダル専用というように使い道も限定されています。

楽天銀行のサイトには、ブライダルやトラベルと同じ項目で自動車ローンもありますがこちらは目的型ローンではなく楽天スーパーローンとなります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育以外のローンは通常のカードローンということですのでペットローンにこだわる必要はありません。

住宅ローンやカードローンに審査があるようにペットローンを利用する際にも審査を受けて承認されなければなりません。

参考:ペットローン審査甘い?今すぐ必要なときに使える借り入れ先

ペットローンは銀行や信販会社などで取り扱っていますが審査が厳しいとされるのは銀行のペットローンです。

銀行のペットローンというのは、ペットショップで組むローンよりも低金利なため人気がありますが金利が低いほど審査が厳しいのが一般的です。

ちゃんと返済してくれる人であれば安心して貸すことができるということでその見返りとして低金利で貸してあげますよという事なのです。

銀行のペットローンが一番審査の難易度が高く、その次は信販会社のペットローンのようです。

ペットローンというローンはペットを購入するためのローンですが融資を受けるわけですから一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

よって、ローン審査を受けて承認されないと家族に迎えたい子を見つけてもペットローンを組めないのです。

ペットショップのペットローンに落ちたとか利用できなかったという話を聞くことがありますが審査に落ちたという人は他のローン審査も通過できない可能性があります。

過去に自己破産や債務整理をしていたり遅延や滞納歴があったとかそういう過去がある人は信用情報に問題があります。

その他にも、数社から融資を受けているとか申込時の情報に虚偽申告があった場合は問題外です。

オリコにはカードローンや目的別ローン、キャッシングなどがありますが特に車を購入する際に利用するオートローンは業界のトップをシェアしていることでも有名です。

しかし、オリコではペットローンというローンは用意されておらず、使い道が決まっていない目的プランを利用することになります。

そのため、ペットショップがオリコと提携していれば多目的ローンの申請になりますがオリコの審査は非常にスピーディなので、その場で審査結果が出て契約することができます。

申し込める年齢は満20歳以上で返済利率は6.0%から13.2%、10万円から300万円まで融資可能です。

オリコから融資を受ける額が50万円を超える場合や他社からの借入れと合計で100万円を超える場合は所得証明書が必要になることがあげられます。

ペットを買う際にローンを組むことを検討しているのであれば頭金を納めておくと借り入れる金額を少なくすることができますね。

借入金額が減ることで審査のハードルもぐっと下がりますから安心してローンに申し込むことができますよね。

頭金を納める金額は多いに越したことはないのですがいくら納めるかは自分で設定することができます。

ただし、犬や猫だと狂犬病やワクチンなど別途費用が数万円かかりますから手持ちのお金をすべてつぎ込んではいけません。

その他餌、ペットシーツ、おやつなどのといった消耗品も必要になってきますし犬小屋やケージを含めると数万円はかかってしまいます。

セディナにはペットローンはありませんが総合目的ローンでペットを購入するためのローンを組むことができます。

総合目的ローンは入院や引っ越しなど多額の資金が必要になったときに利用出来るローンです。

ペットショップで発行される見積書や契約書があれば融資の使い道を証明できますので、ペットの購入にも利用できます。

申込条件は満20歳以上で、安定継続した収入があり、勤続年数が1年以上と規定されています。

金利は7.8%から11.8%、融資額は5万円から300万円、担保や保証人不要、返済期間は最長5年(60回)なので、安心して利用することができますね。

ペットローンとはペットショップで動物を買う場合に利用可能なローンです。

比較的安価な柴犬でも20万円前後が相場ですしトイプードルやロングチワワになると、相場は30万前後となります。

猫の場合だと、アメリカンショートヘアーやスコティッシュフォールドは20万円から28万円が相場となっていてブリティッシュショートヘアーは、30万円前後が相場になっているようです。

血統書の有無でも価格が大きく変わりますので犬や猫を飼う場合は日常生活の中では決して安いとは買い物ではないということを肝に銘じておきましょう。

特にペット選びの場合はビビッときた子と出会った時が運命なのでよそ様の家の子になってしまう前に、ペットローンを有効に活用しましょう。

ペットもケガや病気になる可能性はあるのですが人間のような医療保険制度には程遠いものといえるでしょう。

そのためちょっとした通院でも全て実費となってしまうので数万円もの治療費がかかることは覚悟していなければなりません。

ペットが身近になりペット保険が普及しつつありますが、毎月の掛け金が高額なのに給付金が少額だったり給付条件が厳しかったり、申請できる回数が少なかったりなどあまりメリットを感じない保険も多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは保険のお世話になる心配は少ないことからペット保険は掛け損だと思う人もいるでしょう。

今は、転ばぬ先の杖としてペット保険に入るのではなく病気になって大金が必要になってしまった場合に、ペットローンの利用を検討するという人も多いようです。

ホームセンターのカインズホームではペット用品は充実していますが、ペット自身の販売はあまり見かけませんね。

しかし、関東地方を中心とした日本各地において「ペッツワン」というペットショップが併設している店舗があるのです。

ペッツワンで取り扱っているペットはカインズホームのHPから見ることができ犬、猫、小動物など、カテゴリー別に検索することができます。

特に犬の販売に力を入れているようでトップページには1ヶ月以内の新着犬がランダムに表示されていますので「この子だ!」と直感する犬に会えるかもしれません。

運命の子を見つけたらすぐに連れて帰りたいと思うはずですので資金が乏しい場合はペットローンの検討をしてみることをおすすめします。